スポンサードリンク

ローズレッドの効能

ローズレッドは、バラの花びらのハーブです。ほかに、ローズピンクがあります。ローズレッドの方が、ローズピンクより日持ちがいいといわれていますが、ハーブとしての効能などはほとんど変わりません。同じ作用があります。



ローズレッドは、「アポテカリーローズ(薬屋のバラ)」とも呼ばれるなど、古くから薬用に使用されていたハーブでもあります。ローズレッドはそのままハーブティーとして利用します。



ローズレッドのハーブティーとしての効能は、例えば、ローズには有機酸、タンニンが含まれています。気分の落ち込みや不安などを軽減させる効果があり気持ちを安定させると言われています。また、便秘や女性特有のホルモンバランスを穏やかにしてくれる女性ホルモン調整作用、生理不順や更年期障害の症状の緩和作用などがあるといわれています。



ローズレッドの効能には、ほかにも、浄化作用、強壮作用、強肝作用、解毒作用、抗生物質などによる薬害除去作用、そして、二日酔いや、神経疲労の解消、肌のしみの除去、肌のきめを整えたり、肌の弾力の回復作用があるなど、老化肌、ドライスキンなどの改善効果も期待されています。また、防蚊剤としての効果があるともいわれています。

ローズレッド 最新一覧 By 楽天


ローズレッド / ローズレッドの効能 / ローズレッドの抽出方法 / ローズレッドの成分 / ローズレッドのブレンド例

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。