スポンサードリンク

ローズヒップ

ローズヒップ(rose hip)は、薔薇の花が咲いた後に出来る果実です。ローズヒップとして利用される主な品種は、ドッグローズ(学名:Rosa canina, 英:Dog rose)や、スウィートブライアー(Sweet briar)があります。



ローズヒップは、ハーブティーや、ジャム、スープなどとして利用されてきました。ローズヒップの新鮮なものは、ビタミンCを豊富に含んでいて、ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれています。



これは、オレンジの10倍、レモンの20倍に相当し、「ビタミンCの爆弾」という過激な呼ばれ方もされるほどです。しかしながら、乾燥や加工をするとその過程でその多くが失われます。



ローズヒップには内臓脂肪を減らす効果があり、ダイエット効果が期待できるとされています。ローズヒップの種子に含まれるポリフェノール成分のティリロサイド(Tiliroside)に、脂肪燃焼作用があることを、森下仁丹株式会社と京都薬科大学の吉川雅之教授らとの共同研究で成果発表されています。



ローズヒップの種子に含まれる成分のひとつのティリロサイドが脂肪酸のβ酸化を促す酵素を活性化し、細胞内の脂肪燃焼を促進すると考えられていて、内臓脂肪を減らす効果が期待できるとされています。



ティリロサイドは、内臓脂肪だけでなく、肝臓中の中性脂肪の量も抑制する作用があり、これにより体重の抑制効果も期待できます。吉川教授によると、わずか1週間後から抑制作用がみられたと報告されています。



ティリロサイドは、また、インスリンの抵抗性を良くして、血糖値の抑制にも効果があることから糖尿病の予防・改善にも効果が期待されています。



ティリロサイドを摂るタイミングとしては、脂肪燃焼効果を得るには運動前に、血糖値上昇抑制効果を得るには食事と一緒に、摂るのがより効果的とされているようです。



新鮮なローズヒップは、ビタミンCを豊富に含んでいることで美容と、疲労回復に効果がありますが、ローズヒップの種は、ティリロサイドが脂肪燃焼を促進し、血糖値の抑制効果があることでダイエット効果などが期待されています。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップの効能

ローズヒップ(rose hip)の新鮮なものは、ビタミンCを豊富に含んでいて、ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれていることから美容と、疲労回復に効果が期待されています。



ローズヒップの種子に含まれる成分のひとつのティリロサイド(Tiliroside)が脂肪酸のβ酸化を促す酵素を活性化し、細胞内の脂肪燃焼を促進すると考えられていて、内臓脂肪を減らす効果が期待できるとされています。



ティリロサイドは、内臓脂肪だけでなく、肝臓中の中性脂肪の量も抑制する作用があり、これによりダイエット効果も期待できます。実験では、わずか1週間後から抑制作用がみられたと報告されています。



ティリロサイドは、また、インスリンの抵抗性を良くして、血糖値の抑制にも効果があることから糖尿病の予防・改善にも効果が期待されています。



さらに、ローズヒップの種子と殻(外皮)をパウダー化したサプリメントを服用することで、膝や股関節の変形性関節症の症状が改善されることが報告されています。



ローズヒップの標準化パウダーLitoZinTM(Hyden Vital International社、デンマーク)を毎日5gずつ服用したところ、3週間で顕著に痛みが軽減し、3ヵ月後には不自由さ、硬直、総合的な苦痛についてのWOMACの結果において、著しい改善を見たと報告されています。



この研究でみられた変形性関節症の症状緩和効果は、おそらく、未知の有効成分による抗炎症作用によるものではないかと考えられていて、今後の作用メカニズムの解明が期待されています。



ローズヒップは、そのほかにも、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB複合体、クエン酸、リンゴ酸、アスコルビン酸、ビタミンE、ビタミンK、バイオフラボノイドルチン、カルシウム、鉄、ケイ素、セレン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などを含んでいます。



そのため、呼吸器浄化、強壮、抗鬱、利尿、血液強壮、緊張の緩和、ホルモン、神経系強化、消化促進、去痰、保湿、循環器系促進、内臓脂肪の減少効果が期待されていて、アンチエイジング効果もまた大いに期待されています。



呼吸器浄化作用があることで、風邪やウイルスの感染予防が期待され、さらには、疲労やストレスからの回復効果や、肌を癒し、皮膚組織の回復効果を期待され、精神的にも活気をもたらすとされています。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップと毛穴トラブル

ローズヒップは、毛穴トラブルの解消に効果があります。毛穴の黒ずみは、毛穴から分泌された過剰な皮脂が空気中のホコリなどの汚れと混じって、黒く酸化したものです。



皮脂は、角栓(酸化して固まった皮脂)となり、毛穴をふさぐと、毛穴はどんどん押し広げられて開き、放っておくと酸化はますます進み、大きく黒い毛穴トラブルとなります。



ローズヒップに含まれている豊富なビタミンCやビタミンE、さらにビタミンPの抗酸化物質の相乗効果で角栓防止効果を期待できるといわれています。



さらに、ローズヒップに含まれるビタミンCはレモンの約20倍も含まれていて、肌の弾力を保つコラーゲンの形成に必須です。しかも、ビタミンPは、ビタミンCを熱から守る働きがあります。



そして、ビタミンCの吸収を助ける働きがあるリコピンをトマトの約7.8倍含んでいます。ローズヒップは、ビタミンPやリコピンを含むことで豊富に含んでいるビタミンCが効率よく吸収され、肌の弾力を支えます。



また、ローズヒップに含まれるペクチンも肌組織のセメントとなり、肌はみずみずしく、ふっくらしてくるので、自然に毛穴は閉じ、毛穴トラブルを解消します。さらに、肌にハリとツヤも生まれます。また、ローズヒップオイルは、急いで毛穴を目立たなくしたい時に効果的です。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップの副作用

ローズヒップは、ビタミンCを豊富に含んでいることで、吐き気、嘔吐、胸焼け、食道炎、腸閉塞、倦怠感、紅潮、頭痛、不眠、眠気、下痢、尿路結石などの副作用が起こる可能性があるようです。



ビタミンCは、コラーゲンの合成に欠かせない成分で、免疫力を増強する作用が知られていますが、過剰摂取は、副作用をもたらすことが知られています。



ローズヒップは、ビタミンCを豊富に含むことでビタミンCの過剰摂取をしてしまうことで上記の副作用が考えられるようです。



さらに、ローズヒップの過剰摂取は、深部静脈血栓症を起こす可能性があるとされています。また、ローズヒップは中程度のアナフィラキシーの原因物質でもあり、アレルギーを引き起こす可能性があります。ローズヒップ粉末の外用で物理的にかゆみを起すこともあるようです。



ローズヒップは、基本的には安全性が高いとされていますが、妊婦や授乳婦の安全性については信頼できるデータが充分でないため、通常の食品中に含まれる量以上の過剰な量を使用することは避けたほうがよいとされています。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天


ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップの成分

ローズヒップには、ビタミンCが、 942mg/100g レモンの約20倍含まれていて、リコピン が、23.3mg/100g トマトの約7.8倍、そして、ビタミンPといわれるビタミン様物質が含まれています。



ビタミンPは、ケルセチンや、ヘスペリジンというフラボノイドの総称で、例えば、ケルセチンは、フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種で、ローズヒップ以外にも柑橘類やリンゴ、緑茶やタマネギに含まれています。



ケルセチンなどのビタミンPは、ビタミンCを熱から守る働きがあります。そして、リコピンは、ビタミンCの吸収を助ける働きがあります。ローズヒップは、ビタミンPやリコピンを含むことで豊富に含んでいるビタミンCを効率よく吸収できるといえます。



ローズヒップは、したがって、ビタミンCを摂取するには最も効果が高いハーブのひとつとされていて、手軽に楽しめるローズヒップティーが古くから利用されています。



ローズヒップは、他にも、βカロテンが、 4000IU トマトの約18倍、カルシウムが、 913mg/100g 牛乳の約9倍、鉄分が、 7.72mg/100g ほうれん草の約2倍 ビタミンAが、 5110IUトマトの約20倍含まれています。(日本食品分析センター調べ 倍率は食品標準成分表により算出)



さらには、マンガンをわかめの約2倍含み、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEを含むなど、ローズヒップは、ビタミンC以外にも栄養素を豊富に含んでいることから、丸ごと利用できるジャムなどもおススメといえます。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップと疲労回復

ローズヒップの新鮮なものは、ビタミンCを豊富に含んでいて、ローズヒップ100gに、およそ1000mgのビタミンCが含まれていることから疲労回復に効果が期待されています。



疲労は、様々なストレスに曝されることで生じるものです。私達の身体は、ストレスから身を守るために副腎から抗ストレスホルモンを分泌します。



ビタミンCは、抗ストレスホルモンを合成するのに必要な成分です。 副腎は、腎臓の上にある小さな臓器です。 副腎は皮質と髄質に分かれ、それぞれ異なるホルモンを分泌していますが、いずれも体にストレスが加わると速やかにホルモン分泌量を増すことでビタミンCを大量に消費します。



抗ストレスホルモンとしては、副腎皮質から分泌されるコルチゾールと、副腎の髄質から分泌されるアドレナリンなどがあります。これらによって一時的に心拍数を増やしたり、血糖値を高めたり、組織から脂肪を動員してエネルギーを増大させたりし、ストレスに対する抵抗力を高めます。



ローズヒップを摂ることでそのビタミンCによって副腎でのビタミンCを補うことが出来、抗ストレスホルモンの分泌が促進され、疲労回復に効果があると考えられています。



ローズヒップは、そのほかにも、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB複合体、クエン酸、リンゴ酸、アスコルビン酸、ビタミンE、ビタミンK、バイオフラボノイド、ルチン、カルシウム、鉄、ケイ素、セレン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などを含んでいます。



そのため、呼吸器浄化、強壮、抗鬱、利尿、血液強壮、緊張の緩和、神経系強化、消化促進、去痰、保湿、循環器系促進、内臓脂肪の減少効果が期待されていて、アンチエイジング効果もまた大いに期待されています。



呼吸器浄化作用があることで、風邪やウイルスの感染予防が期待され、さらには、肌を癒し、皮膚組織の回復効果を期待され、精神的にも活気をもたらすとされています。

ローズヒップ 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

ローズヒップとダイエット

ローズヒップにダイエット効果が期待できるとされています。それは、ジャムやローズヒップティーに使用される果肉ではなく、ローズヒップの種子に含まれるポリフェノールによるといわれています。



ローズヒップの種子に含まれるポリフェノール成分のティリロサイド(Tiliroside)に、脂肪燃焼作用があることを発表したのは、森下仁丹株式会社と京都薬科大学の吉川雅之教授らです。



ティリロサイドは内臓脂肪を減らす効果があり、ダイエット効果が期待できるとされています。ティリロサイドが脂肪酸のβ酸化を促す酵素を活性化し、細胞内の脂肪燃焼を促進すると考えられていて、内臓脂肪を減らす効果が期待できるとされています。



ティリロサイドは、内臓脂肪だけでなく、骨格筋での脂肪燃焼を高める効果も確認されていて、肝臓中の中性脂肪の量も抑制する作用があり、これらにより体重の抑制効果が期待できます。吉川教授によると、わずか1週間後から抑制作用がみられたと報告されています。



ティリロサイドは、また、インスリンの抵抗性を良くして、血糖値の抑制にも効果があることから糖尿病の予防・改善にも効果が期待されています。



ティリロサイドを摂るタイミングとしては、脂肪燃焼効果を得るには運動前に、血糖値上昇抑制効果を得るには食事と一緒に、摂るのがより効果的とされているようです。



ティリロサイドは、ローズヒップの種子に含まれていることで手軽に利用するには抽出エキスを成分としたサプリメントなどでの利用に限定されるといえそうです。

ティリロサイド 最新一覧 By 楽天



ローズヒップ / ローズヒップの効能 / ローズヒップの副作用 / ローズヒップの成分 / ローズヒップと疲労回復 / ローズヒップと毛穴トラブル / ローズヒップとダイエット

スポンサードリンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。